RECENT

2007.02.27

タイムマシーンに乗って

070226_2021~0001.jpg
久々の連日更新!笑
散々迷ったあげく、井手君とともに会社を飛び出し、新生メカネロのライブに行って来た。
花のように」の自主企画。タイトルは「タイムマシーンに乗って」。
メカネロ、ウェルカムバックです。
昨年のメンバー脱退を乗り越え、帰って来ました。
ボーカルとギターが変わると、やっぱりバンドは全く変わる。
変化っていうのは、いつだって良くも悪くもある。
それでも、意識的にでも、不可抗力でも、してかなきゃいけない変化はあるのです。
そんな中、リーダーの林さんの毅然とした姿がすごくかっこよかった。
そう、リーダーはいつもこうでなくっちゃならんのですね。
音楽だって、ビジネスだって、同じです。
新しいボーカルさん、最後の曲の最後の「Yeah〜」で腑に落ちました。
ギターさんも含め、これからどんどんキャラを出していってもらいたいです。
で、その後のWATER WATER CAMEL
今回のcinra magazineに収録させてもらっていて、かなり気になっていたのですが、ちょっとヤバい領域にいってました。
こんな感動は、本当に久々。
やってる人達が幸せそう過ぎて、こっちも幸せになりすぎました。
全然フィールドが違うのはわかってるんだけど、無意識に嫉妬。
どんな形でも、こんな感動を人に与えられたらどんなに素敵だろうと思った。
素晴らしい音楽体験をさせてもらいました。
ごちそうさま。
「花のように」はベースの人が最後だった。
出会いとか別れとか、バンドは特にそういうのが多い。
その節目節目を見る度に、な〜〜にも知らないくせして涙してしまうのは、ぼくが感動屋だというのもあるけど、そういう1人1人の人間の極まった感情を見たり感じるする度に、たまらない気持ちになります。
最近やたらとオセンチで恐縮ですが、別に落ちちゃいません。笑
むしろ、ハイアベレージです。

2007.02.25

アルスエレクトロニカ

アルスエレクトロニカ
メディアアートをやっている人やエレクトロニカ系の音楽をやっている人ならご存知だと思いますが、年に一回、テクノロジーやアートに携わる人々が一同にヨーロッパに会する、世界最大の電子芸術祭です。
フェスティバルとグランプリアワードが開催されます。
言ってみれば、今開催中の文化庁メディア芸術祭の全世界版ってとこなのかな。行ったことないからわからないけど、影響力はかなり大きい。
「いやぁ、すげぇなぁ」なんて毎年人ごとのように思っていたんだけど、突然2007年のアルスエレクトロニカの関係者からメールをいただきました。
アルスエレクトロニカの”International Advisory Board”の1人が、cinraを推薦してくれたらしく(誰だろう?)、”デジタルコミュニティー部門”でノミネートされたようで、是非応募してほしいというご連絡でした。
もちろん、応募をしてから選考なんだと思うけど、嬉しいお知らせでした!
うまく残れば、9月にオーストリアで開催されるフェスティバルと授賞式に出席できる。
受賞したり賞金もらったりっていうのが目的ではなく、そこに集まる人達にcinraを知ってもらえること、そしてそこから色んな出会いが待っているであろうということ。こりゃワクワクします。
こういう形でcinraのやっていることを海外から訴求していくっていうのは以前から考えていた事。自分の想定を越える方法論に出会えるのは、貴重な体験です。
cinraは自社メディアがバイリンガルではないし、「いやぁまだまだだろう」と思っていたのですが、今回の結果がどうあれ、今後はそういうこともしっかり視野に入れて活動していきたいと思いました。
最近、色んなことが起こってます。
嬉しいこと、大変なこと、たくさんです。
一つ一つをゆっくり考える余裕がなかった分、
自分が見落として来たものも大きいと思います。
走りながら、辺りをしっかり見渡せる力を養っていきたい。
そいで、みんなで笑いながら、完璧な仕事をしていきたい。
色んな意味で、分岐点です。

2007.02.25

タイに行きました

mixiにアップして、すっかり自分のブログでアップし忘れました。
先々週、一瞬、タイに行って来ました。
今年の旅行衝動を燃焼。
素敵な時間でした。
携帯・ネット完備だったものの、やはり仕事には無理がある。
関係各位、ほんとご迷惑おかけしました!
PICT0003.jpg
PICT0016.jpg
PICT0028.jpg
PICT0039.jpg
PICT0042.jpg
PICT0045.jpg
PICT0048.jpg

2007.02.05

乾燥する記憶にフェルゼアを。

先週について、一息ついたのでサクっとまとめてみます。
日曜日、
musabi.jpg
ムサビの修了展を観に行く。知り合いが修士を卒業するタイミングだったので、遠路はるばる。あのあたり(鷹の台とか小川とか)まで中学高校と6年間通っていたかと思うと、ほんとにゾッとする。笑。 遠すぎじゃよ・・・。
学部と修士の圧倒的な差を感じた。
「個」がいかに作品として立っているか。それは自分と社会に向う両方のベクトルが、バランスよく模索されている結果なのだろうと思う。
内面でものすごい格闘をしているにも関わらず、学部の時よりもみなさん丸くなった印象を受けた。非常に感じが良い。うん、大人だ。
月曜日、
打ち合わせラッシュ。
素敵な出会いもありつつだけど、またしても世の中の非効率を感じた。これを最適化した場合、結局はcinraにも良くないことが起きることが分かって、落胆する。まずは、自分が身をもって行動すべし。
火曜日、
某案件でARTiTの小崎さんとアジールデザインの佐藤さん、中澤さんと打ち合わせ。うまくいけば、cinraにとってはすごく嬉しいプロジェクトが始まります。
水曜日、
cinraのwebサイト大規模リニューアルの会議。
これもうまくいけば(いかせるけど)、面白いことができそうです。いざ、国境越え!
木曜日、
某案件の撮影に参加。
撮影の現場っていうのはすごい緊張感です。
デザイン業務は内勤が主なので、この現場のスピード感にはいつもハっとさせられます。みんなで1つのものを楽しみながらつくる。素敵です。
金曜日、
お世話になりまくっているシフトブレインとの懇親会。タクマさんとヨコヤマさんのバースデイパーティーでもありました。サプライズ。おめでとーございまーす!
監獄居酒屋、初めて行ったけど、普通にヒくね、あれは。笑
gyouza.jpg
土曜日、マガジンのデザイン会議&餃子対決の日。
詳しくは、5日夜配信のcinraメルマガにて。
今回からメルマガリニューアルしたんで、是非見てやって下さい!
ーーーーーーーーー
ただ一週間を追ってみました。
物忘れがいよいよ深刻になってきたので、こういう要約的なまとめをすると色んな大切なことが抜け落ちて、乾燥したかんじになっちゃうけど、全部忘れるよりはマシってもんです。
あと、フェルゼアは、冬のかゆみ付き乾燥肌の救世主です。

2007.01.30

すっかり遅くなりました。マガジン発行です。

mag12_72.jpg
色んなところで書いていて、自分のブログでお知らせするのをすっかり忘れてましたが、cinra magazine vol.12を、1月20日に発行しました!
今回は、かなり成長しました。
今までで、一番納得ができたし、全体としても編集力がかなりついたと思います。
で、2月10日発売のバイリンガルデザイン雑誌「+81」にもニュースとして掲載していただけることになりました。
それから、マガジンのvol.2(今や懐かしい!)でインタビューさせていただいたバイリンガルアート雑誌「ARTiT」と東京のイベント情報を網羅したwebサイト「REALTOKYO」の編集長である小崎哲哉さんに取材していただき、先日ページが公開されました。よろしければ是非ご覧下さいまし(ナビの「COLUMNS」から見られます)
相変わらず写真写り、気になります。笑
その他にも色んな人のブログで話題になってくれている。
こういうのは嬉しいことです。
ちなみに、今回自分がエディターとして担当したのは、
ART>特集:ポスト・アンダーグラウンド>CINRA Select Artists
で紹介した奈良エナミさんの原稿。
1.jpg
それから
MOVIE>特集:ヴィジュアルドキュメンタリー
企画導入文小説家の星野智幸さんのインタビューです。
基本的にはこの媒体でのぼくの仕事はコンテンツを管理したり、広告営業したり、発行人としての動きをしているので、成長するほど自分が直で担当できるところが少なくなってきて寂しいんですが、今回はMOVIEを中心にわりと関わりました。
もう次号に向けて動き出していますが、
楽しくてしょうがない。
この感覚、久しぶりかな。
どんなに忙しくても、キャッキャしてます。笑