02 HOLIDAY

2007.01.16

アートの鼓動

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
いいかんじの滑り出しです。
年末に比べれば楽勝な今日この頃。
鉄コン筋クリート、最高でした。
TOKYOLOOP、アニメーション生誕100周年記念作品。
大御所がつくったショートアニメーションムービーのオムニバス作品です。映画館ではなくて、DVDで観たかったな。
13日、アートフェアに行く。
小山登美夫、タカ・イシイ、カイカイキキ、スカイ・ザ・バスハウス、山本現代、シューゴアーツ、ワコウなどなど、日本の名のあるギャラリーが集結してました。
神楽坂のホテルでの開催で、一般の人も入場可能。
ホテルの1室に1つのギャラリーが入ってベッドに作品を裸で置いたり、シャワールームに吊るしたりしてます。
普段美術館に飾られているような作品1つ1つに値段がついているわけです。
1万円くらいのものから200万くらいのものまで、
一体誰がどの評価軸でつけた値段かわからない。
楽しいもんです。
そもそも物の価値が実用性からつけられるものだ、という考え方自体、この富める国にはもう通用しなくなってきていると思うし、いい塩梅だ。
途中、村上隆氏がのぞきに来てて、その存在感に驚きました。
初日の午前中なのに人だらけ。
帰る頃には行列ができていました。
アート、キテるのかもしれません。
プライマリマーケットと呼ばれるギャラリーがつくるマーケットが、大きく変わりつつあるのかも。
アートマーケットが閉鎖的なのにはワケがあります。
当然CDのように、同じ作品のコピーをつくりにくいこと。
だから圧倒的に流通する総量が少ないです。
それから、どっかの知らない人に作品を売ってしまったら、そのオリジナル作品の行方は将来わからなくなります。
もしそのアーティストが美術史のコンテクストに名を残すような人になった場合、当時のオリジナル作品は大変価値が上がりますが、どこにあるのかわからないので、高値でやり取りすることはもちろん、美術史のコンテクスト自体をつくることができなくなってしまう、という問題です。
これがあるから、コレクターや美術館など、きちんと作品を保管してくれる人達にしか売れないわけです。
音楽や映画の分野では、そもそもレコードするという抜群の”再現性”があるから、かなり市場が拡張できるっていう。
「でも、このままじゃ面白くない。」
そんな鼓動をアートフェアで感じました。
こりゃいい流れだ。
しっかり波に乗らなきゃな。
HI360116.jpg
070108_2056~0001.jpg
たまには観ておかないといけない景色たち。

2006.09.04

頭ポカーン

今日は予定していたcinra records第二弾アーティストのアー写撮影に同行しなくてよくなったので、すっかり予定が空いた。
何も予定がない日を昔は楽勝でやり過ごせたわけだけど、今では体がびっくりして何をしたらいいのかわからなくない。笑
そんなこんなで、いつもすっかり手つかずになる経理業務をこなす。9末は初の決算なのでございます。
まだ創業4ヶ月しか経っていないけれども、3月決算は忙しい時期にバッティングしそうでやだったので、cinraは10月〜9月のサイクルで動くことにしてるのです。時間に余裕もあるということでカメの水槽掃除をしながら、まだまだ小規模ではあるけれども今後の資金計画を練る。
fujitasan.jpg
郵送物を送って幡ヶ谷のブックオフに入る(なんという幸福!!)と、そのうち読もうと思っていた藤田氏の著書『渋谷ではたらく社長の告白』が100円で売っていたので買う。読むのは決して早くない方なんだけど、3時間くらいで読めるくらいサラっとした本だった。感想は、やめておこう。普通の本だったらいいけれども、経営者の本。自分が何者かになってからでないと何か言える筋合いはない。色々と勉強になったことはたしか。
帰り道に本屋にも寄って雑誌をペラペラとめくる。テーマは何にしろ、雑誌、テキストのクオリティーはほんとに千差万別だ。
クイックジャパンの森達也氏と小林よしのり氏の対談が面白かった。
casa BRUTUSの「知らないと恥ずかしい! 日本建築デザインの基礎知識」というタイトルに非常に違和感をもった。いつから一般の人が日本建築デザインについて知っていないと恥ずかしい時代になったのだろう・・・
その後も帰ってから今後の動き方についてあれこれ考える。
日々の業務に埋没しちゃうのはよろしくない。こういう日も月に一遍くらい必要です。
さて、来週も一週間がんばろうっと!

2006.08.13

突然サマソニ

11日、友達から電話で「明日のサマソニのチケットあるんだけど、行く?」ときたもんだ。
今週いっぱい、100%仕事をしました。ほんとに。
だから、週末は100%遊ぼうと思いました。
「それ行く!」
今回のサマソニで見たかったのはPHOENIXとFlaming Lips。
どちらも12日。今日である。
HI360062.jpg
●PHOENIX
まず、フェニックス。Tahiti80同じくフランス出身のバンドということで、フランスっぽい気品のあるポップ感が大好きだ。
彼らの音源はとてもデリケートなので、どんなライブを見せてくれるのかなぁと思っていただけど、PAが最悪ということもあり、ちょっとかわいそうだった。でも、「If I ever〜」も「Too Young」もやってくれたので満足。
●CARDIGANS
「love me love me〜♪」ってやってくれた。笑
●くるり
ともかく満員。すごい人だった。
はじめてくるりのライブ観たけど、やっぱいいっすね。演奏がすごくしっかりしている。
「ばらの花」も「ワンダーフォーゲル」もやってくれました。
楽しかった。
●METALLICA
大本命のFlamingLipsとかぶっていたので、究極の選択だったけど、序盤だけ観に行った。
やっぱね、すごいっす。演出も、演奏も、楽曲も、ハイレベル。
しびれました。40代越えと思われるおっさんがけいれんするように踊り狂っていたのはわすれません。
●FlamingLips
メタリカを抜け出して、メッセに直行。タクシー使いました。笑 ちょっと遠いんだもん。
これが本当に最高のライブだった。
会場にはバルーンがたくさん飛んでいました。
ニューアルバムからもたくさんやってくれた。「The Yeah Yeah Yeah Song」はみんなで熱唱。
アンコールにもこたえてくれた。
ハッピーなライブ。最高としか言いようがない。お見事でした。
あの声は、どこか神がかっているとしか思えません。
なんと、1曲目が「Race for the Prize」だったらしく、悔しすぎたけど、まぁメタリカは外したくなかったから仕方あるまい。
サマソニ、はじめてだったんだけど、やっぱ雰囲気はよろしくないです。
会場ごとのアクセスもよくないし。下がコンクリートだからやたら疲れるし。
でも、アーティストがいい。いいライブをしてくれたので、結果オーライ!
明日はサロン@湘南だ〜

2006.08.01

贅沢な週末

まず、土曜日。
早速「ゲド戦記」を観に行った。
六本木のヴァージンシネマはネットで座席を指定しながら予約できるので、並ばなくてすんだけど、会場は満杯。
えーっと、これ、駄作です。
「平成狸合戦ポンポコ」よりもダメです。
ジブリ信者なのでたいてい何やっても肯定しちゃうんだけど、今回だけはしょうもなかった。なんすかこれは・・・。
どこをどう切り取ってもいい要素がありませんでした。
原作が宮崎駿の「シュナの旅」(ナウシカの前に駿さんが書いた漫画です。短編の。)ってエンドロールで流れてたけど、そんなはずはないよ。「ゲド戦記」だし。鈴木さん、プロデューサーとしてそろそろ世代交代のために動かないとならないのはよく理解できるけど、これはないと思います。
そんな悲しみを背負いながら森美術館の「アフリカ・リミックス展」を観に行く。
植民地時代に被植民地となったアフリカ諸国の表現が、欧米の現代美術のコンテクストに乗せたときにどうしても皮肉なアイデンティティーになってしまうというのは、それこそがアイロニーだと思う。
そういう、欧米諸国が思う「アフリカ」に迎合するようなエキゾティズム的な作品もあれば、逆にすでにその呪縛から解放された”自由な”作品もあった。
ひるがえって日本のことを考えないわけにはいかない。
アフリカ展を見て思うのは、”アフリカ”を表現する際に作者にまで西欧人的な「アフリカ」がステレオタイプとして埋め込まれてしまっているということで、それはもしかすると日本でも同じなのではないかと思う。
日本でも、欧米諸国の現代美術のコンテクストにのせる時に、未だどうしてもある種のオリエンタリズムやジャポニズム的なフィルターがかかっているのではないか。会田誠や村上隆を筆頭に、そういう「異国情緒」的な観点でしか面白がられないというのは、それ自体構造的な問題でもあるし、作家自体が無意識的にでも、戦略的にでもそれを意識してしまうということは、なんとも古いなぁと思ってしまう。ここは相当反論がありそうだけど・・・
さて、長くなっちゃうから、話しは日曜日に。
HI360049.jpg
土曜日の夜中から苗場へ出発。
FUJI ROCK FESTIVAL 2006であります!
正直、出演するアーティストは半分くらいしか重要ではない。
この空間に身を置くことが何よりの至福なわけです。
天気も前日までとはうってかわり晴天!
それまでの雨のおかげで湿気もあって、空気がうまい。
気持ちがよすぎます。
まずは朝から”GUITAR WOLF”。彼らのライブには高校生の頃にしょっちゅう行っていたんだけど、7,8年たった今でもパフォーマンスからやる曲から、何も変わらない。それがまた、なんとも心強く思う。
次、”らぞく”。
これが今回のベストだった。この人達、最高でした。
はじまった時にはポツポツだったお客さんも終わる頃にはほぼ満杯に。BECK(漫画の方)さながらの展開でした。
実はこのバンド、自分がバンドをやっていたときに下北屋根裏の店長から「君ら、らぞくと一緒にやってみたらどうよ?」とか言われていたのがずっと残っていて、気になっていたんだけど、畏れ多いです。ほんとにすばらしいスリーピースバンドだった。
そして、飯をたらふく食べたところで木陰でお昼寝。
幸せすぎます。これは。
一休みが終わったら”フィッシュマンズ”へ。
会場満杯です。ぎゅうぎゅうでした。
ぼくは佐藤さんがいた頃のフィッシュマンズのライブを観たことがない。それが悔しくなったり、すごい幸せな気分になったりで、よくわからないけど泣きそうになる。ボーカルには原田郁子、ハナレグミ、キセル、bonobos、UAなどなどが登場。最後の永積さんのナイトクルージングは最高でした。
その後は”ラカンターズ”→”ストロークス”→”HAPPY MONDAYS”の流れ。HAPPY MONDAYS、最高でした。
何を観たかより、それも含めて何に楽しんだかの方が全然重要なのがフェスだと思うけど、とりあえず今日はこの辺で。

2006.07.17

24歳、いいリズム

15日。
cinra magazine vol.10の打ち上げで、事務所の屋上でみんなでバーベキューをする。
雨降ったら25人も事務所には入らないので、ただただ晴れる事を祈る。が、買い出しを終えたら今年最高なんじゃないかと思われる横殴りの雨。雨男のぼくは、続々と集まるスタッフにいじめに合いました(笑)。が、晴れ男万作の気合いの健闘により、無事雨もやみ、バーベキュー開始!
みんながっつくがっつく。俺もがっつく。

HI360033.jpg

夜、そろそろマッタリしてきたなぁと思って部屋に入って話をしていたら、屋上から「ちょっとcinra全体に関わる話しがあるから」とお呼びがかかる。ぼくは典型的なA型ですので心配性です。「おい、なんかイヤな予感がするぞ。ちょっと今回は制作大変だったからなぁ。もしや集団ストライキ!?」と思いながら恐る恐る外に出る。

「えー、明日はタイチくんの誕生日です。おめでとうございます!」

と、スタッフのみんなからのサプライズ!!!
みんな俺が生粋のチョコ好きなのを知っていて、濃厚な、とても美味しいケーキをいただきました。
こんなに大勢の人達に一度に祝ってもらったのは生まれて初めてだったかもしれません。
おまけに、苦楽を共にする最高の仲間たちから。
危うく涙するところでした。
みんな、ほんとありがとう。
PICT0002.jpg

16日
そんなこんなで誕生日。24歳になりました。
毎年恒例、自分の誕生日=自分の海開き。
いつも湘南・葉山の一色海岸に行って遊びまくります。江ノ島〜鎌倉〜逗子みたいに込んでないし、ブルームーンがあるしね。
またもや雨が心配だったけど、午後から日も出てくれて浮き輪と共にはしゃぎまくる。

PICT0009.jpg

波に揺られて空を見上げながらプカプカするのです。
波に打たれて地面に叩き落とされたりもするのです。
さらに、ブルームーンの裏手には神奈川県立近代美術館という閑静な美術館があります。今ジャコメッティー展をやってたから狙いすまして行ってきました。油彩から彫刻まで、ここまでジャコメッティーをたくさん見られたのははじめて。連日の遊び過ぎで意識がフワフワしていてちゃんと見られなかったのが切ないけど、これまた良い時間だった。

もう完璧。
ぼくは今、いいリズムの中にいる。